学生時代の英語の授業を思い出してみてください。

スピードラーニング効果、口コミ、実際使用した感想

スピードラーニングってどうなの? スピードラーニングってなに? 効果、口コミ、評価、評判、体験談、実際使用した感想 などを交えて客観的に解説していきます

スピードラーニング体験日記

スピードラーニング体験ブログ

キーワード

リンク集
  • SEOツール
ブログランキング
Sponsored Link
speedlearning_top.jpg

学生時代の英語の授業を思い出してみてください。

英語のヒアリングが苦手な方でも、

英語の本なら読めるし、意味もわかるという方は多いようです。



街角で外国人に話しかけられて困ってしまうのは、

とにかく相手の言っていることがわからない、

早口でついていけないということです。



しかしこれ、実際には別に早口なわけではありません。

最初から苦手意識がそう感じさせているのです。

これでは、せっかく英語で会話をするチャンスがあっても、

意思疎通はむずかしいですね。

話す前に、

まずヒアリングができるようになることが必要なのです。



そういえば、

流暢な英語を話すヨーロッパの人が

「1ヶ月前までは全然話せなくてね」

と言うのを聞いて驚いたことがあります。



考えてみて下さい。

私たち日本人は最低6年間英語を勉強しているのに、

さっぱりヒアリングができるようにならない理由は

どこにあるのでしょう?



では、学生時代の英語の授業を思い出してみてください。

文法に頭を悩ませたり、

単語を一生懸命覚えているあなたの姿が浮かんだことでしょう。

では、生の英語をヒアリングしているあなたは・・・?

ほとんど思い出せませんね。



英語を勉強しようとすると、

どうしても単語を覚えたり、

文法の本を買ってきたりしてしまうのも、

学生の頃の名残なのでしょう。



でも、そのままではいつまでたっても

英語のヒアリングは出来るようにはなりません。



さらに英単語をカタカナでの表記やスペルでだけで覚えてしまうと、

耳に入ってきた英語をカタカナに

変換して理解しようとしてしまいます。



ちなみに、まったく単語を知らない人がひたすら

英語を聞いていても、「ある日突然わかるようになる」

なんていうことにはなりません。



音と意味が一致して始めて英語のヒアリングといいます。



意味がわかる文章(ネイティヴスピーカーが話しているもの)

何度も繰り返して聞くことによって

語彙と聞き取りの能力が同時にアップしていきます。



洋楽でヒアリングの練習をするのも良いのですが、

ネイティヴでも聞き取りにくかったりするので、

DVDを使った学習法を試してみてはいかがでしょう。



映画だと長すぎるので、

ホームドラマの字幕を切り替えながら何度も見るのがおすすめです。

この場面なら、こんな話をしているという

シチュエーションを覚えると実際に

外国人と話をする時にもそんなに的外れな

ヒアリングにはならないはずです。



英語のヒアリングで大切なのは、

完璧を目指さないことです。

単語を全て聞き取ろうとするのではなく、

話の主旨をつかむようにした方が間違いありませんし、

何よりも楽しくヒアリングできますね。





聞き流すだけで【英会話が身につく】新聞で紹介された宝法を詳しく公開!
Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。