ヒアリング上達のためには、ネイティヴスピーカーが話している文章を暗記してしまうくらい何度も聞くのが良いでしょう。

スピードラーニング効果、口コミ、実際使用した感想

スピードラーニングってどうなの? スピードラーニングってなに? 効果、口コミ、評価、評判、体験談、実際使用した感想 などを交えて客観的に解説していきます

スピードラーニング体験日記

スピードラーニング体験ブログ

キーワード

リンク集
  • SEOツール
ブログランキング
Sponsored Link
speedlearning_top.jpg

ヒアリング上達のためには、ネイティヴスピーカーが話している文章を暗記してしまうくらい何度も聞くのが良いでしょう。

英語のヒアリング、日本人には苦手な方が多いですよね。英語を読むことはできても、聞き取りができない。そんな声を良く聞きます。
英語というと「ペラペラ」と表されるように、ヒアリングが出来ない人にとって、ネイティヴの話はとても早口で何を言っているのかさっぱりわからないものです。
こんな状態では、どんなに英語の勉強をしていても「会話」を楽しむことはできません。やはり、ヒアリングができなくては、英語ができるとは言えないですし。
ところで私たち日本人は、最低でも6年は一生懸命に英語の勉強をしているはずなのに、なぜこんなに英語のヒアリングができないのでしょう?
では、学生時代の英語の授業を思い出してみてください。文法に頭を悩ませたり、単語を一生懸命覚えているあなたの姿が浮かんだことでしょう。では、生の英語をヒアリングしているあなたは・・・?ほとんど思い出せませんね。
英語を勉強しようと思うと、つい文法や単語を覚えるための本を買ってしまうのは、学生時代の習慣なのかもしれませんが、英語のヒアリング能力を上げたいのならこれではいけません。
よく言われるのが、カタカナ英語の弊害です。つまり、耳に入って来る英語を無意識にカタカナに変換してしまう習慣で、これを直さない事にはヒアリングが上達することは難しいでしょう。治す
逆に、音として聞けたとしても、意味がわからなければ英語のヒアリングができるとは言いませんね。
ヒアリング上達のためには、ネイティヴスピーカーが話している文章を暗記してしまうくらい何度も聞くのが良いでしょう。そうすることによって、聞き取れてしかも意味が分かる英単語も増えていきます。
楽しみながら英語のヒアリングができるようになる教材としては、なんといってもDVDがお勧めです。字幕を切り替えながら、セリフを覚えてしまう位繰り返しましょう。できるだけ日常を扱ったテーマがお勧めです。
英語のヒアリングをするコツとしては、常に状況と話を一致させながら聞くということです。シチュエーションがわかっていれば話の方向も予想できます。
最後に、英語のヒアリングを身に付けようと思ったら、決して100%を目指さないことです。ひとつやふたつの単語に気を取られるより、全体の流れで理解するようにするのがポイントですね。

私が使用した中で一番効果のあったのがスピードラーニングです。


「スピードラーニング英語」
Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。